受験対策は万全を尽くしたいですね。






人気トップ3



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


速読トレーニング - 資格取得や受験・就職に有利な実績NO.1の速読術
初心者でもできる簡単でかしこいお金の稼ぎ方!たった2週間で25万円稼....



速読トレーニング - 資格取得や受験・就職に有利な実績NO.1の速読術







速読トレーニング - 資格取得や受験・就職に有利な実績NO.1の速読術






速読術を学習された方で、下記のような結果を得ている方が続出されます 

能力開発されることにより、難関試験合格は当たり前でビジネスからプライベート、語学学習の発達まで成果が現れています。



大げさに聞こえるかもしれませんが・・ こういう事例がたくさんあります。
会員のお子様が難関私立中学受験に成功しました。

右脳は左脳の100万倍の能力をもっていると言われています。 
ジョイント式ハイパー速読術 」は、「読む」練習ではなく、段階的にプログラムされた速度で画面に現れる文字や文章を「見る」ことから始まります。
過去に体験したことがないような高速状態で目の前の文字を移動させることで、脳の可塑性 (視覚からの刺激に順応する特性のこと)を作動させ、追いかけるように文章内容や意味を認識する速度を向上させます。
簡単にいうと、この状態は車の運転時の感覚と同じです。例えば一般道路を40kmで走行した後、高速道路で100kmまで速度を上げると、最初は早く感じますがそのうち慣れていきますね。そして再び一般道路に下りて40kmまで速度を落とすと、今度はやけに遅く感じるようになると思います。
この感覚と同じように、高速トレーニングを行うことで、元の速度に戻ったときには自分の読書スピードが遅く感じられますが、実際には理解度や感覚は劣化させずに、今までより数倍早く読めるようになっているという現象が生じるのです。

遅れてのご挨拶失礼します。私この速読術を開発した川村明宏と申します。



 

資格試験や受験に合格する人とは・・・?
私が速読の研究を始めて25年以上になります。
今回ご紹介する『ジョイント式ハイパー速読術』も発売から20年以上。
非常に多くの方にご愛用いただいております。
研究の結果により、改良に改良を重ねたこのロングセラーのトレーニングキットは、きっと皆様に喜びと驚きを与えると確信しています。
心血を注いで私が開発したこの『ジョイント式ハイパー速読術』について説明しますので最後までお付き合いください。

速読の権威 - 川村博士のプロフィール

川村 明宏 (かわむら あきひろ)
ジョイント式速読術・速脳術・多分野学習法等の開発創始者、速脳理論の提唱者
1953年北海道生。ジョイント式速読術・速脳術・多分野学習法等の開発創始者、
速脳理論の提唱者で、テレビ、新聞、雑誌で活躍のほか、大学・研究機関や一般を対象とした講演も多い。
コンピューターソフトや速読術の関連著書多数。アメリカをはじめとした海外での普及及び提携活動も積極的にこなし、4年間の開発期間を要したeyeQ(英語版速読術)は現在アメリカ国内のシェアのナンバーワンとなっている。
速脳・速脳速読・速脳速聴等の商標や速読術等の能力開発に関するアメリカや日本での特許も取得している。特許申請中の学習法もある。
現在、日本ペンクラブ会員、速脳研究会会長・新日本速読研究会会長、教育学博士、名誉情報工学博士、平成14年度下半期社会文化功労賞受賞。
 
主な著書




別冊宝島874 パソコンでトレーニング 6倍速読術(宝島社)
速読訓練CD-ROM付き!7分間のトレーニングで読書速度が6倍に!
対談 脳のパワーを語る 富田 隆×川村 明宏 研究者に聞く速読術。



視力・脳力を鍛える ハイパー・マジカル3D(ワニマガジン社)
目がみるみる良くなり脳活性で仕事がはかどる!!
3分間「超」速読トレーニング。
トレーニングは乗り物の中でも、街中でも可能。
速読力アップの強い味方、ページめくり教材! 素早く読んで、中身を理解する!



新1日15分の速読トレーニング術
日米で120万人が実証! No.1の速読術。論より証拠、
ジョイント式速読法の即効実験。パソコンよりもカンタンに習得できる。
あなたの潜在能力はこんなものじゃない・・・



頭が良くなる小学生の国語速読法
創造力のある子供を育てる 小学生のための速読術。
国語の創造的勉強法 子供の頭を良くする家庭内教育 。
子供の頭を良くする食生活。



ビジネスマンのための右脳・左脳活性化ハンドブック
右脳と左脳の役割の違い。右脳速読と左脳速読。
文字を見るときと視野を狭める条件反射。
音読の習慣が読書速度を遅くする ・・・



頭がよくなる速読術
あなたの中に眠っている「能力」を最大限に引き出し、活用しよう!
人は一生のうち、大脳がもっている潜在能力の2割も使い切らないという。
無駄になってしまっている能力を、もしも使うことができたなら・・・。







3分間でこんなに変わった!
3分間のトレーニングを試してもらいました。
ジョイント式ハイパー速読術に同封されている3分間体験版「ジニアス」を実際に試した時のデータです。1分間の平均読書スピードは400~600文字。たった3分間のトレーニングでどのくらい変わるのでしょうか?

たった3分間のトレーニングで読書スピードが、なんと平均約2倍になりました!
年齢層に関係なく、これほどの即効性が認められました。ご家族でのご利用も、おすすめです!
お客様からたくさんの喜びの声をいただきました!

高野甲子郎さん 年齢 34歳 職業:システムエンジニア
読書速度の変化
訓練用計測文(訓練時に使用する比較的内容の簡単な文章)
訓練前 800文字/分→訓練後4400文字/分
読むのが速くなっただけでなく、眼や肩の疲れがかなり軽くなった。仕事でパソコンに向かうときや、書類を読むとき、朝新聞を読むときに速く読めるだけでなく以前よりリラックスして読める。仕事の効果アップと眼の疲れの軽減のために活用したい。
また、単純作業の能率がアップした分、いろいろ考えたりすることに時間を使えるようにしたい。肩こりが楽になったのには驚きました。普通、眼を使っているときにいかに肩に力が入っているのか、まったく気がつきませんでした。速読が上達すれば、仕事のストレスを減らすことにも間接的に効果があるのではないでしょうか。


I.Sさん 理工学部三回生
私が速読法をマスターしようと考えたのは、新たに情報科学を勉強しようと考えたときでした。情報科学関連の書物は基本的に厚みのある大量ページのものが多く、情報量も多いので他の分野と比べると勉強時間が大量に必要になります。しかしそのような時間もなく、何か良い効率的な勉強方法はないかと考えていたところ、最近、出版物も多く話題となっている速読なるものに興味を持ちました。
インターネットを利用して、様々な速読法の教室を検索していく中で、私の注意をひいた物がこのジョイント式速読法でした。 他の教室が、気功、呼吸法、α波などよく聞きはするが得体の知れないものに重きを置いているのに対し、この速読法は大脳生理学にもとづく明晰、判明な速読原理の解説と、速読を可能にするその方法論の論理的な解説がなされ、その説明は納得させられるものばかりでした。
実際、何故速読が可能なのか、どうしてその方法論が速読を可能にするのかを明確に述べている流派は他にはないのではないでしょうか。また、その方法論もコンピュータを使った速読訓練ということで、現代的手法であることにも魅かれました。しかも、その訓練はコンピュータの前に座って画面を見ているだけという非常にsimpleなもの。
しかし、真に優れた方法論というものは、概して、simpleであるという科学的な真理をついたものなのではないでしょうか。 かくして訓練を始めた私ですが、最初は思うように記録も伸びず焦りもありましたが根気強くひたすら教室に通い、ただ画面を見ることを繰り返しました。速読というものはある種の感覚的な要素があり、自転車を乗るのと同じようにあるとき急にできるようになり、その感覚をいったんつかめば後はゆっくりではあるが確実に伸びていくようなもので、今では村上春樹の『風の歌を聞け』ぐらいの本であれば1時間かからずに読めます。
ただ、この速読法がもっとも威力を発揮したのが専門書を読むときでした。小説と専門書、おそらく多くの人が前者よりも後者のほうが読みにくく感じるでしょうが、この速読法をある程度習得している者の視点から言わせてもらえば、圧倒的に専門書のほうが速く読めます。そして、その理由もこの速読法では解説されています。
この効果のおかげで、当初の目的であった情報科学関連のも読む回数を重ねる毎に速くなり、かなり速い速度で習得していっています。とくに、いままで勉強してきた数学、物理の学習速度は速くなり、今では、1分野30分程度の学習でその分野に関しては1日の満足感を得られるようになりました。
最後に一つ付け加えておくと、私が習得しているものはまだ初級の速読のようです。この速読法にはまだ更に上級の速読があるようです。


安原和弥さん 年齢30歳 整体師
読書速度の変化
訓練用計測文(訓練時に使用する比較的内容の簡単な文章)
訓練前 500文字/分→訓練後 4200文字/分
本を読んでこの速読法を知り、体験するまでは少し不安でしたが、結局想像以上の効果にたいへん驚いております。 仕事上の知識を増やすために本を多く読みたいというのが動機ですが、これほど自分の本を読むスピードが短い期間で変化するとは思いませんでした。
今のところまだ不安定な感じがあり、少し気を抜くと読むスピードはゆっくりになってしまうことがありますが、速いスピードが定着してまだ上がっていく実感が確かにつかめているので、とにかくあと自分で継続して日々の練習をがんばろうと思います。
今後目標の数字を達成してもそれ以上の能力開発にも興味がありますので、その段階も目指そうと思います。2日間指導してもらいましたが、とても親切でその点においても本当に学びに来てよかったなぁと感じました。


中村大祐さん 年齢23歳 大学三回生
読書速度の変化
訓練用計測文(訓練時に使用する比較的内容の簡単な文章)
訓練前 1600文字/分→訓練後 48000文字/分
専門書籍(法律関係書籍)の読書速度を向上させ、資格試験に利用したいと考え、速読を始めました。 自覚は特にないのですが、実際に小説などの読書速度や理解力が向上した気がします。また、当初の目標であった法律関係の専門書籍を短時間で多量に、繰り返して読むことができるようになりました。
その結果、大学で実施される定期試験への対策が非常に楽になりました。文字を読むことが苦ではなくなっています。 時間に余裕ができ、精神的にもゆとりが生まれてしばらく遠ざかっていた小説などを読む余暇が生まれました。そして、時間の感覚に対して鋭敏になったような気がします。時間の大切さ、貴重さを実感することができるようになりました。非常に嬉しく、感謝しています。ありがとうございました。


河内満男さん 年齢58歳 無職
私は速読力については、以前から大変興味をいだいておりました。 偶然某書店で「誰でも速読力を会得できる」というタイトルの書物に出会いました。この書物から新日本研究会を知り、ただちに入会いたしました。当研究会の先生のお話によると、誰でも普通一般人なら遅読はあっても1分間に1万字はそんなに難しいことではない、とのこと。
私はこの先生のお言葉には半信半疑でした。何故なら、他人には容易に出来ても私にはこの1万字は私に大きくはだかる壁に思えたからです。とはいっても、入会した以上先生のお言葉を信じてやるしかないだろう。私の入会したのは、昨年8月の下旬だったと思います。
私の当初の速読力は、1分間に500~600語、眼筋は13でした。この実力はごくごく一般的な実力だそうです。約4ヵ月経過後の昨年の12月20日現在の実力は、1分間5000~7000語、眼筋はヨコ75・タテ72です。 このような短期間でこのような好結果をみるとは、自分では予想しておりませんでした。
この好結果は己の努力はいうまでもありませんが、やはり当研究会の先生並びに職員の懇切丁寧な御指導があったればこそと感謝している次第であります。 因みに、入会前の私の速読の実力は、乗り物で例えるなら、片田舎で走っている各駅停車の電車。
4ヵ月後の現在は、都内で走っているJRの快速線の電車というところでしょうか。私が驚異と思っている1万語という大きくて厚い壁もそんなに遠い将来でない時期にくずすことが出来ることがみえてきたのが、ちょっぴり自慢できるかな。


元団体役員 年齢65歳
読書速度の変化
訓練用計測文(訓練時に使用する比較的内容の簡単な文章)
訓練前 2000文字/分→訓練後 12000文字/分
以前から速読法に関心を持っていたが、昨年(2002年)に川村明宏先生のご著書を読んだのが直接きっかけで、他の会のことも比較研究し、本年 (2003年)2月初級コースに入会した。65歳を迎えて人生を初期化して、学生時代に戻ってゼロから勉強したいと考えたからである。
第二の人生をもう一度スタートするには、情報の入力、出力のスピードを10倍、20倍に上げる必要があり、それには速読法から入るのが良いのではないかと思ったからである。トレーニングはひとことで言えば大変面白く、初級コースに入り、今(一ヶ月余で13回トレーニング)訓練前の10倍くらいの読書速度になっている。
日常生活で変化を痛感するのは、新聞を読むのが億劫でなくなったことである。現在2紙とっているが、今までは朝見るのがイヤイヤであった。特に第1ページ、第2ページを見るのが面倒であり、最終ページから紙面をめくって、はじめのページはお義理にしか見なかった。
しかし、今は一面、二面それぞれ頭から尻尾まで読むのが楽しみになった(社説を読むのも楽しくなった)。新聞では、株式欄、番組表といった横組みページで眼筋の左右運動の訓練もしている。 本を読むとき、一般書は相当速くなったと感じるが、専門書(私の場合は法律書)を読むときは現在のところはスピード感はあまり感じない。
なお、日常生活も歩きながら、あるいは駅のホームで電車を待ちながら、眼筋の左右運動、上下運動をしている。(注意:私の眼筋は女性、特にミニスカートの女性を追う習性があるので、歩きながら訓練するときは気を付ける必要がある。)速読の付随的効果としては、眼筋の左右運動が出来だして車の運転が楽になり、高速道路でも眠気防止になっているような気がする。 速読法による私の狙いとしては、速読により「能力開発」をして、専門領域での資格取得にそのうち挑んでみたいというひそかな野心がある。





 

チェックポイント1 ジョイント式ハイパー速読術とは?
ジョイント式速読術・速脳術・他分野学習法などの速脳理論の提唱者川村明宏博士のもとで開発されました。
本を速く読みたい!頭を良くしたい!試験勉強中!
そんな人に最適なソフト「ハイパー速読術」です。使い方はとっても簡単です。

パソコンのモニターを眺めて目を動かすだけ!
トレーニング時間は毎回5分から10分
これなら自宅で気軽にできます!
本を読むスピードが短時間で意識することなく変化。
勉強の行き詰まりが解消する。
資格試験になど目標が現実のものに。
目や肩の疲れがかなり軽くなっていく。
年齢・学歴に関係なく、読書スピードが2倍から10倍以上になっていく。

おしゃべりしながら、お菓子を食べながらでも眺めているだけでOKです。たった3分のトレーニングで本を読むスピードが2倍以上にアップということも! 記憶力・集中力もアップするから頭も良くなります。
チェックポイント2 ジョイント式ハイパー速読術の特徴

読書速度を短時間で2倍~10倍にまで引き上げられる。
ほとんどの人がその効果をすぐに実感できる。
日本人の平均スピードと現在の自分を比較できて、さらに元々のスピードから何倍になったのかを簡単に測定することができる。
パソコンの画面を眺め、目を動かすだけなので空いた時間にいつでもすぐにトレーニングが可能。
目の疲れ、ストレスや疲労を感じることが少なくなる。

チェックポイント3 どのくらい速読で伸びたか?

日本人の平均読書スピードは1分間に400~600文字程度。
「試験」には分速2,000~4,000字あれば充分で、「学習」には分速4,000~8,000字あれば充分です。
大学入試センター試験の国語の問題で18,000字前後使われている試験を考えてみると、分速400字では問題を読むだけで45分もかかってしまいます! 分速4,000字ならば4~5分ですみます。その差、実に40分です。
分速400字で1時間勉強する人に対して、分速4,000字の人は同じ勉強量でも5~6分、分速8,000字の人は2.5~3分しかかかりません! 記憶を定着させるために良いといわれている『5回の繰り返し勉強』に要する時間は、分速4,000字の人は25~30分で、1時間で2教科、分速8,000字の人は12~15分で、1時間で4~5教科も勉強できます。
チェックポイント4 右脳を刺激して記憶力をのばす
右脳は左脳の100万倍の能力をもっていると言われています。
ジョイント式ハイパー速読術 」は、「読む」練習ではなく、段階的にプログラムされた速度で画面に現れる文字や文章を「見る」ことから始まります。
過去に体験したことがないような高速状態で目の前の文字を移動させることで、脳の可塑性 (視覚からの刺激に順応する特性のこと)を作動させ、追いかけるように文章内容や意味を認識する速度を向上させます。
簡単にいうと、この状態は車の運転時の感覚と同じです。例えば一般道路を40kmで走行した後、高速道路で100kmまで速度を上げると、最初は早く感じますがそのうち慣れていきますね。そして再び一般道路に下りて40kmまで速度を落とすと、今度はやけに遅く感じるようになると思います。
この感覚と同じように、高速トレーニングを行うことで、元の速度に戻ったときには自分の読書スピードが遅く感じられますが、実際には理解度や感覚は劣化させずに、今までより数倍早く読めるようになっているという現象が生じるのです。
右脳を刺激することの利点

広範囲を1度にまとめて見ることで、文字の検索能力が速くなります。
眼精疲労や視力低下を予防します。
短期的記憶力を引き延ばすことに役立ちます。
イメージする力の強化が期待できます。

チェックポイント5 簡単に実現できるのがこのハイパー速読術です。

理解力を落とさずに本が早く読めるようになります。
長文試験問題を何回も読めるのでミスがなくなります。
コンピュータ訓練による記憶力・集中力をアップします。
受験勉強・資格試験の学習効率アップします。
眼筋訓練により長時間の読書でも疲れにくくなります。




動作条件
OS : Microsoft Windows95/98/Me 日本語版
Microsoft Windows2000/XP/Vista 日本語版
対応機種 : Pentium 100Mhz以上
メモリ : 16MB以上
ディスプレイ : 640×480以上
※表示速度の遅い機種の場合には、十分な効果が得られないことがあります。
良くある質問
Q1. 具体的にどのようなトレーニング法なのですか?
A1.簡単に言えばパソコンの画面に表示される文字や図形をリラックスした状態で「見る」だけです。「速く読もう」とする必要は一切ありません。
Q2. 読書スピードは誰でも伸びるのですか?
A2.大丈夫です!個人差はありますが、ほとんどの人が確実に2~10倍以上に伸びます。中には数十倍になる人もいます。
Q3. 「斜め読み」や「飛ばし読み」とは違うのでしょうか?
A3.違います。「斜め読み」や「飛ばし読み」は内容の把握が雑になってしまいますが、速脳速読は理解度や内容の把握度は今までと変わらないまま、読む速度だけをアップさせます。
Q4. パソコンを眺めていると目が悪くなるような気がしますが?
A4.その逆です。速脳速読トレーニングで目をよく動かすと目の周りの筋肉がほぐれ、血行が良くなり、筋肉そのものが鍛えられますから、むしろ視力が回復したり、眼精疲労が和らいだりする可能性が高いのです。そして、そもそも目に負担をかけ、視力低下を招いた目の使い方が正しい使い方として習慣化してますから、長期にわたって視力向上の期待を維持できます。
Q5. 速読訓練を一度やめてしまうと速読力は落ちますか?
A5.基本的に長期間訓練をしないと落ちる傾向があります。もちろん眼の筋肉を鍛えるわけですから、体の筋肉と同じでなまってしまいます。 しかしある程度訓練をされた方でしたら少しの間訓練をしなくても自転車と同じでいったん身に付くと、本を全く読まなかったりしない限りは、トレーニング前の状態に戻ることはないでしょう。

「合格.jp」が自信を持ってオススメする『ジョイント式ハイパー速読術』はいかがですか?
毎日ほんのわずかな時間をトレーニングに使える人は迷わず実践してください。
そして、気付くはずです。今までの読書がとても苦しいものだったことに。
30年間、300万人以上の成功体験を見続けてきた川村博士が辿り着いた速読術は、あなたに劇的な変化をもたらし、今後の生活をとても有意義なものにすることでしょう。
そして、あなた自身が成功した後は、周りの大切な人やご家族にもご紹介してください。
年齢は関係ありません。
小さなお子様、学生の方からお年寄りまで、幅広くお使いいただける『ジョイント式ハイパー速読術』。
キャンペーン中により、お求め安い価格で提供中です。この機会にぜひお試しください。
あなたに、良き読書ライフが訪れることを願っています。



 
▲ 速読TOP


特定商取引法に基づく表示




Copyright 合格.jp All rights reserved.


var js_pageno=1;var myurl="http://gokk.jp/sokudoku";






var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl." : "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));


var pageTracker = _gat._getTracker("UA-2092557-8");
pageTracker._trackPageview();





詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://fgrqozpl.blog83.fc2.com/tb.php/4134-6caf03d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。