受験対策は万全を尽くしたいですね。






人気トップ3



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大学受験生・高校受験生必見!進学・進....
教育に革命を起こす!超正攻法の勉強方法を大公開!大学受験生、高校受....





勉強法に革命を起こす!勉強法の奥義 大学受験生,高校受験生必見














勉強法の奥義(中学生編)
が書籍化!好評発売中!





「中学生の本当に正しい勉強法」
児保章亮著 (エール出版社)¥1575
2008年9月上旬発売 ご注文はお近くの書店で!
アマゾンで購入 楽天ブックスで購入紀伊国屋書店で購入
勉強法の奥義エッセンスをそのまま掲載。教育に革命を起こすために執筆した書籍。今までにない異色の内容となっております。保護者様、塾の先生はとにかく早く子供に読ませてください。勉強に取り組む姿勢が変わります。知らないということは損ではなく罪です。




[閉じる]





















































 




携帯電話の方はこちら







★メルマガ登録で勉強法の奥義「サンプルファイル」をプレゼント!自動メール受信後すぐに見れます。


区分:
中学生
高校生
大学生
専門学校生
受験生保護者
学校教員
塾経営者
塾・予備校講師
教育関係者
アフィリエイター
その他

 mail: 







■もうだめだ!勉強をやる気が起きない!いくら勉強しても成績が上がらない。勉強法の情報を購入しても結果が出ない!もう我慢の限界だ!

■何でうちの子に限って成績が上がらないの?勉強をやる気にならないの?購入した勉強法の情報を試してもぜんぜんだめ。もう勘弁してほしい!

■教師として自分は向いているのか?何でこれだけ情熱を傾けているのに生徒の成績は上がらないんだ!何で生徒はわかってくれないんだ!

そんな声にお答えするのが「教育に革命を起こす!勉強法の奥義」です。

ようこそ当サイトへお越しくださいました。はじめまして。
「勉強法の奥義」主催の児保章亮(こやすしょうすけ)と申します。

勉強法に関する数ある情報サイトの中からこのサイトまでたどり着いたことは大変幸運だと考えております。まずは心より「おめでとうございます」と申し上げたいと思います。

何故なら私は受験勉強方法に失敗し、進路を誤り、就職で挫折し・・・つまりこのサイトに出会えたということは少なくとも私のような転落人生、つまり人生の最悪のシナリオは免れられるということです。(もちろん最後まで読んでいただければの話ですが)

「大丈夫。自分はまじめにやっているしそんな失敗はするわけがない」

そう思った人いませんか?このように思った人が最も危ないと私は考えています。
実は私も学生時代はそう思っていました。しかしそのような考え方が大人になってからいかに傲慢であるかということをいやというほど思い知らされたのです。

私は大学卒業後さまざまな職業を経て27歳で学習塾を立ち上げました。
雇われて働くことに憤りを感じ、唯一自分でできそうなことは自分の失敗を生かした教育しかないと考えたからです。

追い込まれた私は受験勉強を教えるために、そしてこの業界で生き残っていくために、徹底的に研究せざるを得ませんでした。

そしてネット上で勉強法に関する情報をたくさん購入しました。

「非常識な勉強法?勉強法の裏技?受験の秘策?魔法の勉強法?・・・・」
そんな情報が数万円で売られているのです。
「そんなものが本当にあるのか・・・・では購入してみよう」
私はそのような情報をいくつか購入しました。

しかしその感想はというと・・・・
実際に生徒にその方法とやらを適用してみたのですが・・・
目立った効果はほとんどありませんでした。
情報に数十万円もかけたのにこんな結果とは・・・今でも悔しさがおさまりません。

後でわかったことですが、人にはみんな個性がありますから、ある一つの方法ですべての人を成績を上げることは不可能です。

A君にはA君にあった方法があり、B君にはB君にあった方法があります。勉強にやる気が持てない人や継続して勉強ができない人は勉強法以前に、何故そういう状況なのかという原因がわからなければ解決するわけがありません。

「学年で○位をとった勉強法を公開!」なんていってもだからなんだと思うわけです。継続して取れていれば別ですけど。
その人にあった勉強方法を実践できたから良い成績がと取れたわけで、それをまねしたからといって誰もが成績が上がるわけではありません。

それはさておきネット上にある高額な情報の正体を少しだけ暴露していくことにしましょう。

(暴露A)
例えば東大・京大に関する勉強法を見ても結局は1日に長時間勉強しないといけません。(当たり前ですけどもともと頭のいい人でない限り楽をして東大や京大に入れるわけがありません)述べていることも本当にごく普通のことで、裏技、受験の内部情報みたいなものも書いてあったりするのですが、それを知っていたからといってものすごい有利になるものでもありません。
またすごく苦労した人は別ですが、高学歴の人は勉強ができない人の気持ちがわかっているかというのも疑問です。
(ちなみに私なんか苦労して低学歴ですから、勉強のできない人の気持ちがことごとくわかってしまうんです。だから勉強の教え方がとてもわかりやすいのです。自分で言うのもなんですけど(笑))

(暴露B)
勉強法ではない●●●●を有効に使う受験秘策も結局は大学に入ってから、ついていけるかどうかが問題となり、特に理系は全く役に立たない情報です。このような低次元な情報に数万円も払ってしまったなんて・・・はっきり言ってお金を返してほしいです。

(暴露C)
やたらと体験談を掲載してあたかもすごい効果があるように見せかけている情報商材も多いです。そういった体験談はもともと素質のある人の体験がほとんどです。私は一応第一線の現場で教育しているプロの端くれですからあえて言いますが、実際に書いてあることを子供に実践させてもだめな子はとことん効果がありませんでした。なぜなら私の塾では勉強がもともと苦手で来ているという子がほとんどだからです。「学年で○位になった」、「模擬試験で△位をとった」、「●●人が結果を出した」なんて書いてあると、つい「自分も」なんて思ってしまいます。私もそうでしたが勘違いをさせる広告戦略に見事にはまってしまうわけです。


冷静に考えてください。教科書を自分ひとりで読みこなしていけないのに東大や京大に合格できると思いますか?特定の情報を知って東大や京大に受かるのだったら誰も苦労はしません。
みんな苦労しているということはそんなおいしい情報はないということです。


こんなものなら自分が書いたほうがましだと思い、こうして皆さんにご紹介する運びとなりました。
どうか最後までこの内容を読んでいただきますよう、よろしくお願いいたします。

私の住む田舎町にもすでに多くの学習塾がしのぎを削っていて、立ち上げ当初は大変苦労しました。私はどうしてもこの世界で生きていきたかったので、どうしたら生き残れるのかを必死に考えました。

そして結論は至って単純でした。

「今いる生徒たちの成績を上げて評判をよくしていくしかない」

結果を出すことしか生き残る道はないと思ったのです。
私はどうしたら生徒の成績を着実にあげられるかを必死に考えました。

そしてインターネットの情報を検索するうちに

「秘策」「裏技」「非常識な勉強方法」「偏差値○○から・・・・」「楽して・・・・」「魔法の・・・」
などとうたった情報を片っ端から買いあさりました。(結局ほとんどだまされました)

初めは確かにそうだなぁと思うこともあったのですが、落ち着いて考えてみれば一人一人個性も能力も違うのに同じやり方で全員が成績が伸びるはずがありません。これは私の塾の生徒生徒で実証済みです。むしろ成績が下がったり、保護者とのやり取りで話がこじれてしまってむしろ被害を被ったくらいです。

そして私は冷静に考え直しました。
方法論はいくらでもあります。テクニックと呼ばれるものもいくらでもあります。


しかしそんなに有効な秘策や裏技があるのであればとっくに多くの教育産業が実践して知れ渡ってしまっているはずでは・・・・
そして多くの人が苦労もせずに希望する高校・大学に合格しているはずでは・・・


そして私は気づきました。





楽をしようとするその心に問題があった。

勉強の仕方に遠回りは無数にあっても近道はない。

通るべき道を通らなければ誰であろうと成果は上がらない。

自分にとっての成績が上がらない根本原因がわからなければ対策が立てられない。

どういう勉強の仕方が効率的で、どういう勉強の仕方が非効率なのかを知らなければそもそも成績はなかなかあがらない。

いくら効率のよい勉強法を実践しても、勉強に対する考え方、目標の立て方が間違っていたり、性格的(精神的)な問題を改善しなければモチベーションが保てず勉強が継続できない。

成績を上げたい(自分はもっと進歩したい)と思わなければ成績はあがるはずはない。(進歩するはずはない)







そこでこの問題をひとつずつクリアしていくことが成功の鍵だと私は考えたのです。



■楽をしようとする心を抑えられないか

楽をしようとする心、つまりそれは怠りの心です。
これは誰にでもあります。私にもあります。

楽をしたい、困難なことから逃れたい、つまらないことはやらないで済ませたい、それよりも今楽しめるうちに楽しんだほうがいい、楽しいことだけずっとしていたい、別にがんばらなくても生きてはいける、などなど。

この怠ろうとする心を何とか抑えることはできないだろうか。


そこで私は考えました。


目標もない。希望がない。目指すべきものがはっきりしていない。
漠然としている。だから怠りの心が出てしまうのではないか。
情熱が持てないから困難な道を避けて、無難な道を選んでしまうのではないか。


今の時代はものであふれかえった豊かな時代です。
希望が持てない、夢が持てないというのは無理もないことです。


物質がこれだけ満たされた時代にこれ以上望むものはあるのか?


そう疑問を持ってしまうのも無理はないことです。
ですから大人たちは子供に夢や希望や目標を持てるような努力をもっとしなくてはいけないのではないか?


子供たちは大人の社会を知らなすぎます。
知らないのは当然です。人生経験も社会経験も少ないのですから。
だから今何を努力すべきなのかがわからないのです。


だから大人たちはもっと大人の世界を教えてあげるべきなのです。
勉強はどうして必要で、社会に出たらどういうことが必要で、どういう仕事があって、その仕事がどういう風に面白くやりがいを感じられるのか・・

しかし学校では勉強ばかりでそのようなことは教えてくれません。
ましてや塾や予備校などではなおさらです。


大人の社会やルールも教わらない、食べるものも着るものも住む場所も困らない、そこそこ普通にがんばっていれば生きていける・・・


そのような状況でどうやって目標を自分で見出すことができるでしょうか?

だから大人は「希望がない」「夢がない」「目標がない」といって子供を責めてはいけません。
大人は子供に社会の仕組みやルールを教え、希望を与えなければいけません。

子供が希望を持てない社会にしたのは大人たちなのです。
子供に希望がないのは大人たちの責任です。

しかしもしあなたが学生なら「希望が持てないのは大人のせい」だと開き直っているようではようではまず人間としての進歩はないでしょう。

少なくともこのサイトにたどり着いたあなたは少なからず進歩したいと願っているはずです。
大人に期待できないのなら、自分で希望を持てるように工夫すればいいだけなのです。

私はできるだけ生徒たちに進路や仕事について話すようにしています。
幸い私はアルバイトを含めれば10以上の職業を経験しました。
尊敬できるいろいろな人との出会いもありました。そして尊敬できるすばらしい人の著作にもたくさん出会いました。

ですから時間があれば社会人になってから必要なことや、勉強が仕事にどう生きるのかなど、何時間でも話すことができます。

勉強法以前にこのことは大変重要なことなので、かなり詳しく理路整然と「勉強法の奥義」にまとめさせていただいております。


■遠回りをしない勉強方法とは何か

夢や希望が持てれば意欲がわきます。
そうすればいよいよ次の段階です。

「遠回りはいくらでもあっても勉強に近道は決してない」
そう覚悟を決めて取り組むしかない。

そう私は気づいたとき、テクニックや裏技や秘策を実践することは近道をとろうとしていることになると思ったのです。

そもそも近道をして能力や精神は向上するでしょうか。
もちろん物事の結果を出すことはある程度できるかもしれません。

点数を人よりも多く取ることもできるかも知れないし、希望の高校や大学に進学することのできるかもしれません。

しかしそれに見合った能力が伴っていなければどうなると思いますか?
進学先の勉強について行けない、就職先の仕事について行けない、という恐ろしい結果が待っているのです。
勉強法に関する情報を販売している方々はこの点に関して一切触れていないのです。
そして学校も塾も予備校もこの点に関して触れようとしないのです。
(↑暴露その1です↑)


特に進学校と呼ばれる高校や塾、予備校は、とにかくいい高校、いい大学に入れば「はい、さようなら」です。「そのあとはどうぞ勝手にがんばってください」ということなのです。


なぜなら進学校と呼ばれる私立高校、塾、予備校は生徒の進学先で経営が大きく変わってきてしまうのです。特に塾と予備校は影響が大きいです。


ですから進学や就職した後のことなどは二の次でとにかく受かることが最優先なのです。



ですから本来教育とは能力を伸ばすためのものであるはずなのですが、結果重視になって近道をとろうと躍起になって、本当の能力を伸ばすということを忘れてしまうのです。


塾や予備校のチラシを見ると
「○○大学○○人合格」 「○○高校○○人合格」


などと必ず書いてあります。これも暴露していきますが、これは消費者を勘違いさせる巧みな宣伝戦略なのです。
(↑暴露その2↑)



「実際にこの高校にたくさん合格しているのでうちの子もがんばればいけるかしら・・・」



こういう勘違いを起こして、結局その塾や予備校に行かせたら成果が上がらずにお金をドブに捨ててしまうのです。

塾や予備校はまず不利になる情報は広告に一切載せません。

確かに教育内容がいい場合もあるでしょうが、もともとできる子が集まっていて、その子達の進学先を堂々とチラシに載せている場合がほとんどなのです。

そういう事情を知らない消費者がまだまだ多いのです。

教育産業にとっては大変迷惑でしょうが・・・。
しかし事実を述べたまでです。


話を戻しますと、
教育産業というのはあの手この手を使って合格させる近道を探ろうとします。
確かに競争という観点からすれば仕方ないかもしれません。

しかしそういった近道は本当の能力を伸ばすという観点ではずれています。

正しい教育とはその能力を伸ばせるように子供たちを導いてあげることではないでしょうか?
能力を伸ばし、その能力に合った大学に進学していく。これが自然なはずです。

裏技や近道を教えるよりも遠回りをしない方法をまず教えて、努力が実りやすい方向に指導してあげる方がはるかに価値のあることではないでしょうか?


そのために遠回りとはどうすることなのかを一つ一つ知らなくてはいけません。


練習しても練習しても一向にできるようにならない。
これでは続きません。
これは自分の世界にはまってしまっているのが原因です。

一人で行うとどうしてもはまってしまうのです。
周りが見えなくなってしまうのです。
だから大人たちが教えてあげないといけないのです。


できないのにはあなた自身の心の持ち方に根本的な原因があります。

一つは自分のやり方に固執する、自分のやり方を曲げない、自分の力だけで解決しようとする、その頑固さにあります。
伸びない人の傾向、それは人の意見を聞かない、耳を貸さない、自分のやり方を変えないという特徴を持っていることです。
いわゆる自力本願方であり自分を過信した傲慢(ごうまん)タイプです。
よく「私は頑固だから・・・・」なんていう人がいますが、それはまさに「自分はバカです」といっているに等しいのです。
なぜなら「頑固」とは自分のやり方に固執して、それ以上進歩・向上しようとしないことを言うからです。

またその根本原因としては、もう一つは逆に何でも人や情報に頼ろうとする依存心にあります。
自分だけの力で解決しようとする気持ちがなく、わからないことはすぐに人に聞くような人です。もしくはすぐにあきらめてしまうような人です。
いわゆる他力本願であり他のものに依存していく怠慢(たいまん)タイプです。

自力を過信してもだめだし、他力に頼りすぎてもだめです。
大事なのはそのバランスです。これは社会に出てから特に人間関係を円滑にしていくために大変重要なことです。

このような知識を一つとっても知らなければらなければ相当罪なことだと思いませんか?
もちろん知っていても実践しようとしないことはもっと罪なことだと思いますが。

「勉強法の奥義」ではこのような知識をできるだけたくさん取り入れております。

とにかく成績を上げたいと思うのなら自分を過信しすぎず、人のアドバイスを謙虚に受け入れ、怠りの心を捨てて粛々と勉強に励むことです。



■通るべき道とは何か


それは能力を上げるための実践であり反復練習です。
マラソンはいい走り方を教わっても、悪い走り方を教わっても、教わっただけでは当然速く走れるようにはなりません。

速くなるには当然「走る」という実践訓練が必要です。
しかしここが最も苦しい作業なのです。
だからみんな避けたがるし、近道をしたがるのです。

しかし悪い走り方と正しい走り方を学んだあなたなら、練習すればするほど着実に成果が上がります。自分にとってどういうやり方がいいかわかっていれば、それを淡々と実践すればいいだけなのですから。

自分でも伸びる実感がわけば、それは継続につながります。
継続できれば、それは力になります。

「継続は力なり」です。


しかし継続するにはペース配分が必要です。
それを考えなければマラソンは戦えません。



受験勉強もマラソンと一緒です。
一度にたくさんやりすぎると、反動が必ず来ます。

そのペース配分をするということを知らないがために大きな時間のロスをすることは全くもったいないことです。


■思わなければ進歩はない

例えばですが、「私は東京大学にいこうとは思っていなかったのだけど、合格してしまった」という人はあまりいないと思います。いたとしても数万人に一人くらいでしょう。

つまり私の教育した経験から言えば、成績を上げたい、もっと進歩したいと思わなければなかなか成績はあがりません。教える側としてもあげようがありません。

しかし不可能というわけでもありません。
例えば勉強が面白く、興味をもてるような教え方をしてくれる先生に教われば成績を上げたいと思わなくても自分から勉強するようになり、成績を上げることができるでしょう。

しかし教師側からすれば、これができれば誰も苦労しません。つまり勉強の教え方が上手でも勉強に興味が持てるように教えてくれる先生はめったにいないのです。

もしそういう先生に出会えていれば相当幸運なことです。私自身もまだまだぜんぜんだめですが、できるだけ勉強に興味が持てるような授業を心がけていますし、「勉強法の奥義」もできるだけそのように心がけて構成しております。

しかしそのような先生はめったにいないことは事実です。教わる先生には期待できないのです。
だったら自分で勉強に興味が持てるような工夫していくしかありません。

効率の良い勉強方法以前にそういうことが大事だということを述べている人はほとんどお目にかかったことはないのですが、是非ともそのことは肝に銘じてほしいと思います。




さてこの「勉強法の奥義」は奥義といいながら特殊なテクニックに固執するものではなく、全くもって正攻法な勉強方法をご紹介しています。

その対象となる方は受験生に限らず、受験生の保護者、大学生や社会人、社員教育、そして教育関係者に対しても参考になるような内容となっております。

具体的には以下のような方々を対象にしています。




★メルマガ登録で勉強法の奥義「サンプルファイル」をプレゼント!自動メール受信後すぐに見れます。


区分:
中学生
高校生
大学生
専門学校生
受験生保護者
学校教員
塾経営者
塾・予備校講師
教育関係者
アフィリエイター
その他
 mail: 







(学生)<中学生、高校生、大学生対象>
将来の目標が全く定まらない
将来に希望が持てない
自分の進路が全く定まらない
勉強を何から始めればいいのかわからない
資格の勉強をしているが思うようにはかどらない
勉強が長続きしない
勉強のやる気が起きない
努力しているのに何故成績が上がらないかを知りたい
着実に成績が上がる方法を知りたい
短時間で効率的に勉強をしたい
自分の勉強方法の欠点を知りたい
何故自分は成績が上がらないかを分析したい
勉強をする意義を知りたい
自分を根本から変えたい
社会に役に立つ人間になりたい
社会に出てから本当に必要な勉強を知りたい
苦手科目を得意科目にしたい
記憶力を向上させたい

(学生の保護者)
子供の学力を本格的に向上させたい
子供の進路に不安を感じている
子供をやる気にさせたい
子供の苦手科目を克服させたい
子供に希望を与えたい
子供が勉強する良い環境を与えたい

(社会人)
仕事がなかなかうまくいかない/なかなか覚えられない
自分にあった仕事がなかなか見つからない
人間関係がうまくいかない
資格の勉強をしているが思うようにはかどらない


(会社経営者)
社員同士の人間関係がうまくいっていない
優秀な人材がなかなか育たない
有能な社員がすぐにやめていく


(教師)
自分の教え方に憤りを感じている
生徒の成績をとにかく伸ばしたい
生徒の成績がどうしても上がらず困っている

(地方自治体 教育委員会)
子供たちの学力を本格的に向上させたい





バカといわれても仕方がありませんが、
私は日本の教育を変えるくらいの意気込みで「勉強法の奥義」を書いています。


日本中の若者の多くが本当の意味での才能を開花させて、多くの人が輝いた人生を送ってほしいことを願っているからです。


ですからこれは日本の教育方針の実権を握っている文部科学省や地方自治体の教育委員会に対する警告書でもあります。とにかく国や自治体には早く目を覚ましてくれといいたいのです。末端の子供たちの学力がどれほど落ちているか。

国の宝とは人材であり、それを支えているのが教育です。

しかし現在の日本の教育では、勉強ができない子はますますできなくなるようなシステムです。
最近の生徒たちの学力を見ていると、できる子とできない子の落差が激しいことに驚きます。

その落差が格差社会につながっていることは意外と見落とされがちです。
そこに国や自治体は何故気づかないのか、憤りを感じざるを得ません。



さてこの「勉強法の奥義」は大学受験であろうと資格取得であろうと、一生通用する正攻法の勉強法をご紹介しています。それは勉強で能力を上げるために、本当に必要なノウハウです。
ですから、
厳しい言い方をすれば、楽をして点数をとりたい、裏技や受験テクニックを知りたいという人は他の情報商材を購入していただき、目先だけの結果を残し、社会に出てから「こんなはずではなかった」と大いに後悔すればいいと思います。

社会に出てからは、テストで結果を残すのとはわけが違います。
世の中はそんなに甘くはないです。社会経験がない学生にはピンと来ないかもしれませんが、人並みにお金を稼ぐということがどれだけ大変か。それが「こんなはずではなかった」と後悔する理由です。

本当の勝負は社会人になってからです。この「勉強法の奥義」は学校では決して教えてくれない、社会人になってから役立つ事もまとめています。勉強法もそうですが、人生設計をする意味で知らないと後で大いに後悔する内容となっております。なんといっても私自身が大いに人生を踏み誤り後悔しているのですから。もう私のような後悔は皆さんにはしないでほしい。その一心で書きました。

知らないがために人生を踏み誤ってしまったなんて本当にもったいないことです。
是非ともこの情報を有効に活用していただき、私のように人生を踏み誤らないでほしいと願ってやみません。

基本的には高校受験生、大学受験生向けに書いていますが、大学生や20代の社会人の方や教育関係者にも大いに役立つ内容となっております。

また勉強方法のびっくりするような裏技、秘策も書かれておりませんのであらかじめ言っておきます。何故書かないかといえば、社会に出てからそんなものは一つも役に立たないからです。

しかし特に中学生、高校生にとっては正攻法でありながらも着実に成績が上がる勉強法を体系的にまとめています。これでもかというくらい具体的に述べています。学習指導の中で試行錯誤を繰り返して得たノウハウを余すことなく書いています。

勉強がもともと得意な子でも、もともと苦手でも、要領がいい子でも悪い子でも、どんなタイプの子でも成績が上がるように配慮を施しています。

「勉強法の奥義」は勉強がもともと苦手な子でも成績が上がったという事実に基づいて書いたマニュアルなのです。

いろいろな個性の子がいる中で、どんな子にも成績を上げることがどれほど大変か、学習塾の経営者であるからこそ私は熟知しているつもりです。

それをあたかも簡単に成績が上がるようなマニュアルを書いてネット上で販売しているものを見ると正直腹が立って仕方がありません。

確かに勉強がもともと得意な子は成績が上がるかもしれませんが、多くの子はそうではないのでそんなに簡単に成績があがるわけがありません。私はそれらのマニュアルを読んで実際に効果があるかを確かめるべく生徒に実践したところ、成績が上がらないどころか成績が下がった子さえいたのですから。

そして中には勉強がもともと得意な子も、中学から高校に進学したら勉強をしなくなったしまったという子もいるのです。現状に満足してしまったり、将来を楽観視してしまったり、希望が持てなかったり、理由はいろいろあるかもしれませんが、勉強をする意欲を失ってしまったら勉強方法以前の問題なのです。ですからただ優れた勉強方法を実践すれば良いというものではありません。勉強をする意欲が持てるようにならなければ継続することができないのですから。

どうしたらモチベーションをもち続けて勉強を継続できるようになるのか。そこまで深く掘り下げて書いたマニュアルが「勉強法の奥義」なのです。勉強をする意欲がわいてくるマニュアルこそ本当の意味での優れたマニュアルといえるのではないでしょうか。


それではその内容をご紹介していきたいと思います。





★メルマガ登録で勉強法の奥義「サンプルファイル」をプレゼント!自動メール受信後すぐに見れます。


区分:
中学生
高校生
大学生
専門学校生
受験生保護者
学校教員
塾経営者
塾・予備校講師
教育関係者
アフィリエイター
その他
 mail: 






☆勉強法の奥義(高校生編)
A4版で139ページ!
 ☆他の情報商材とは情報量が圧倒的に違います!
 ☆本気で「教育に革命を起こす」自信があります。時代に合わせて常に更新中!

第1章 将来の目標を設定しよう
あなたの目標の立て方は間違っている
私が進路を完全に誤った過程
結局私はどうなったか
定職に就けない原因とは
あなた自身の特性を早急に把握する
コミュニケーションのスペシャリストは営業マン
なぜ飛び込み営業が過酷なのか
あなたはそれでも文系を目指しますか?
明確な目標がある人の場合
目標の設定が高すぎないか、現状を冷静に判断せよ
進学に経済的困難がある場合
○○○がなければ理系か専門職を目指せ
専門学校に通ってもなかなか就職できない人
高卒でも大成する人はたくさんいる
人間関係の法則

言葉遣いの法則

和を以て貴しと為す
能力の個人差について
第2章こころのレベルを引き上げる
■こちらの内容はさまざまな事情があり詳細は明かすことができません。

 購入された方は使用許諾契約に違反しますので
 一切口外なさらないようお願いいたします。


第3章勉強方法の実践
第1節 ○○○不足がすべての科目ができるようにならない原因
第2節 飲み込みの速さを鍛えるには○○○を鍛えるしかない
第3節 読解問題を解くコツ
第4節 国語力アップの最奥秘伝
第5節 速読は可能か
第6節 数学ができない原因
第7節 英語ができない原因
第8節 苦手科目があるのは○○○○が原因
第9節 成績が上がらない人の問題集・参考書の使い方
第10節 良い問題集、良い参考書の見分け方

第11節 そもそも勉強をして頭はよくなるのか
第12節 何故勉強しなくてはいけないのか
第13節 ○○○○○○で記憶が定着する
第14節 暗記のコツ
第15節 ○○専用のオリジナルノートを作ろう
第16節 英文法の奥義!○○用オリジナル○○○○○を作ろう
第17節 問題を解くのに時間がかかる原因
第18節 勉強計画の重要性
第19節 勉強計画法
第20節 入試問題(過去問)の取り扱い
第21節 ○○○○○○!○○がすべて
第22節 やる気がなくなったなくなってしまった場合はどうするか
第23節 中学科目別戦略
 (1) 勉強の心構え
 (2) おすすめ問題集・参考書
 (3) 国語勉強法
 (4) 数学勉強法
 (5) 英語勉強法
 (6) 社会勉強法
 (7) 理科勉強法

第24節 高校科目別戦略
 ○勉強法の概要
 ○●●形式のおすすめ参考書
 ○●●形式のおすすめ参考書
 ○おすすめ問題集
 ○英単語・古文単語のおすすめ本
 ○●●されていない問題集
 ○高校英文法のおすすめ本
 ○英語ヒアリング対策教材
 ○英語のおすすめ辞書
 ○電子辞書について
 [1] 国語勉強法
 [2] 英語勉強法
 [3] 数学勉強法
 [4] 物理勉強法
 [5] 化学・生物勉強法
 [6] 社会勉強法
第25節 大学生・社会人の英語勉強法

第26節 勉強法最終奥義

★ 内容確認テスト

■受験に役立つ特典ファイル

 特典その1:中学必修英単語(1000語以上)PDFファイル付き
 特典その2:中学英語基本例文集 PDFファイル付き
 特典その3:中学最重要英単語のテスト PDFファイル付き
 特典その4:不規則動詞のテスト PDFファイル付き
 特典その5:歴史最重要ゴロ合わせ年表 PDFファイル
 ☆緊急追加:特典その6:旺文社ターゲット1100 ターゲット1400
 オリジナル英単語テストプリント
 特典その6:個別メール相談(学生、保護者様どちらも可)永年無料

保護者・教師専用特別ファイル
(A4 25ページ)

子供の運命を占う衝撃の事実を公開します。
そして子供と向き合うための保護者のあり方を公開。
極秘特典もこちらに掲載。

<内容について>
・お子様が小さければ小さいほどこの情報を知っていると有利になります。
・これからお子さんをもたれる方がこれを知っていれば遥かに有利になります。
・「●●をすれば子供はやる気になる」といったありきたりの内容ではありません。

 購入された方は使用許諾契約に違反しますので
 一切口外なさらないようお願いいたします。極秘特典についても同様です。








なお著作権および使用許諾に関する記述は必ず購入前にお読み下さい。
購入した時点でそれらの記述に同意したものとさせていただきます。

>>著作権・使用許諾に関する記述はこちら







★教育に革命を起こす!勉強法の奥義★





 
(イメージ画像)

教育に革命を起こす!
勉強法の奥義
(高校生編)
児保 章亮 著 A4版 139ページ
メールサポート付で
特別価格決行!


特別価格 PDFダウンロード版
保護者・教師用特別ファイルなし
簡易版(学生向け)3,000円

保護者・教師用特別ファイル付
5,000円(送料・手数料込み)





教育に革命を起こす!
勉強法の奥義
(中学生編)
2008年9月児保章亮の本が発売中!
 「中学生の本当に正しい勉強法」
 (エール出版社)

 ¥1,575

中学生に絞って勉強法の奥義を解説しました。保護者様、塾の先生はとにかく早く子供に読ませて下さい。勉強に取り組む姿勢が変わってきます。
>>アマゾンで購入 >>楽天ブックスで購入
>>紀伊国屋書店で購入
※ご予約、ご注文はお近くの書店にてお願いいたします。


クレジット決済の場合:すぐにダウンロードして見ることができます。
銀行振り込みの場合:振込み確認後に商品をお渡しします。
※安全なSSL対応ですので安心してご購入できます。



★簡易版はこちらから(\3,000)★




★通常版はこちらから(\5,000)★














※上記の特典ファイルはすべて問題と解答に分かれており実際にプリントアウトして問題を解くことができます。英語の基礎力を徹底させるために苦労して作りました。


★メルマガ登録で勉強法の奥義「サンプルファイル」をプレゼント!自動メール受信後すぐに見れます。


区分:
中学生
高校生
大学生
専門学校生
受験生保護者
学校教員
塾経営者
塾・予備校講師
教育関係者
アフィリエイター
その他
 mail: 






(ご注意 ↓必ずお読み下さい)
★ダウンロードファイルはlzh形式で圧縮されていますので、ファイルを開くには解凍ソフトが必要です。解凍ソフトは+Lhacaをこちらからダウンロードしてインストールしてください。インストール後、「勉強法の奥義」lzhファイルをデスクトップ上に保存して、そのままダブルクリックするとファイルを開くことができます。わからない場合はメールでサポートさせていただきます。

             



PDF書類をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

大概どんなパソコンにも最初からインストールされていますが、PDFファイルが開けない人はAdobeReaderがインストールされていない可能性があります。
その場合は上のバーナーをクリックし無料配布されているAdobeReaderをダウンロードして下さい。





★購入者の感想★
(過剰な広告はあまりしたくないので、いただいたシンプルな感想だけをだけを掲載します)



Aさん(教育関係者)
商材を読ませてもらったんですが、今抱えている教育問題や今日本で必要とされている勉強のやり方から勉強に対する考え方まで今私が興味を持って調べてたり実際に自分が実践していることと非常に酷似したものがあり、非常に興味深い内容でした 。
また英語に関しては私も○○○○氏の著書は今非常に興味を持ってちょうど研究している最中でしたので、やはり目の付け所は同じなんだなと少しばかり共感を覚えました。  こ の商材は私自信もこれから自分の勉強を更に発展させ、より効果的かつ合理的にスキルや知識を得る勉強方法を開発するために非常に参考になる点がたくさんあ りましたので、その中で紹介されていたノウハウ他参考書籍を参考にこれからさらに自分磨きに精進したいと思った次第であります。








V進学さん(教育関連)
本屋で教育書を買う値段で購入でき内容はそれ以上だった。特に教育者には為になると思う。







Kさん(高校生)
マニュアルの前半にある進路についての考え方が役に立ちました。周りは偏差値を気にするばかりだったので、自分自身もそういう考え方で固まってしまっていたと気がつかせてくれました。後半の勉強法も実践できる内容で活用してます。







Tさん(高校生)
受験生にとっての根源的な問いとそれに対する答えがかかれておりよかったです。このイーブックはとても内容のあるしっかりとしたものだと思います。有効に使わせていただきます。ありがとうございました。








Kさん(中学生)
勉強法を読んで会社は僕が思っていた以上に厳しいものなんだなと思いました。
今までは、勉強に対する意欲がなかったけど、教科ごとにその教科がなぜ必要かをおしえてくれて、役に立たないと思っていた教科もがんばろうという気になってきました。
また質問があれば、メールさせていただきますので、宜しくお願いします。







Hさん(大学生)
私は教師を目指しています。何故勉強しなくてはいけないのか、何故生きていかねばいけないのか、子供たちに聞かれて困るようなことが書かれており大変ためになりました。







Yさん(高校生)
勉強方法を書いてある通り見直したら、校内順位が50番近くあがりました。この調子で順位をどんどん上げていきたいと思います。ありがとうございました。







Sさん(浪人生)
勉強法の奥義を買ってみてなかなかよかったです。実際に読みましたが、ただのテクニックを詰め込んだだけの勉強本とは違い、今までにない本で読みやすかったです。また、自分での勉強法が間違っていたと言うことに気づきました。これからはこの本を参考にして、自分で成績を上げていきたいです。








Sさん(中学生の保護者様)
最初から最後まで一気に読んでしまいました。職業と大学に関する所などなるほどと共感するところが多かったです。中学生の娘に大事な所を書きだして実践させようと思います。
ありがとうございました。








Kさん(大学生)
○○○○(2章の内容)の話はとても興味深いものでした。中学、高校の勉強の話が多いので、もう少し早くこの文章に出会えていれば良かったですね。







勉強法の奥義Q&A

Q:このマニュアルで急激に成績を上げることは可能でしょうか?


A:この質問はあなたのことをもっとよく知らないと本当に成績が上げられるかどうかはなんともいえません。
今現在どういう勉強の仕方をしていて、何故成績が上がらないのか。
将来どれくらいの目標があって、どれくらい勉強に意欲があるのか?
小学校、中学校の成績はどれくらいだったのか?
どういう科目が苦手で、将来文系、理系のどちらに進もうとして、どれくらいの大学(短大)に進もうとしているのか。
そういうことがわかってこなければ、なかなか成果が出るかどうかを簡単に言うことができません。

勉強の方法論でいうと、勉強法の奥義はもともと勉強が苦手な人のために、できるだけ効果が出やすいような方法を提案しています。ですからどんな人にとってもきっと何かしらのいい結果が得られるかと思います。

しかし勉強法の奥義でも詳しく述べていますが、実は方法論以上に大切なことがあります。それは心の持ち方を改善していくことです。
もっといいますと「何故成績を上げたいのか」という動機です。
その動機がどういうものかで、成績が上がるかどうかが変わってきます。
具体的にはWEBだけでは伝えきれないので、やっぱり簡易版でもかまいませんから購入していただければいいと思います。

それから勉強法の奥義を実践していて、成績が上がらなければどんどんメールで相談していただいてかまいません。成績が上がらないのにはきっと何か原因があるはずです。
それを一緒に突き止めていくサポートもしますよ。成績が上がらない原因は意外と勉強の仕方とは関係ないところだったりしますから。

というわけで疑問なところがありましたら遠慮なくまたお問い合わせ下さい。
一緒に受験を乗り越えて行けたら私もうれしいです。みなさん、是非がんばってくださいね。







勉強法の奥義が月刊誌
「スクエア21」より取材を受けました。
元おにゃんこクラブメインボーカルの
新田恵利さんと対談しました。
※2007年5月号に掲載されました。

















★メルマガ登録で勉強法の奥義「サンプルファイル」をプレゼント!自動メール受信後すぐに見れます。


区分:
中学生
高校生
大学生
専門学校生
受験生保護者
学校教員
塾経営者
塾・予備校講師
教育関係者
アフィリエイター
その他
 mail: 


















勉強法の奥義 (C) 2006 All Rights Reserved.


 























詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://fgrqozpl.blog83.fc2.com/tb.php/3900-1b782934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。