受験対策は万全を尽くしたいですね。






人気トップ3



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


上位版!「小学校受験の秘密兵器」カリ....
【上位版】小学校受験指導歴20年のカリスマ講師が教える、受験に合格す....






【キッズベースボールドリームナビ】ヒットどころかバットにボールをあてることすらできなかった小学生のわが子が、1日20分の練習で3つの動作をおぼえて、打率5割の安打製造バッターに! 



















































たった“3つのバッティング動作”を
1日20分コーチするだけで、
わが子がウソのように
ヒットを打ちまくった!
打率1割からなんと5割3分へ!

少年野球の現場で16年・・・
プロ野球指導者では気がつかない
指導ノウハウ・・・

全国大会出場常連チームから
外にでることのなかった、
指導ノウハウ・・・

未完成の子どもだからこそ、
カンタンに身につく、
“強豪クラブチームのバッテイングノウハウ”を
今明かします!









                    

















          
   
はじめまして・・・             

 ■ 私は現在高校球児の息子を持つ、西森と申します。
    先日厄年を終えたばかりの、中年サラリーマンオヤジです。
    
    野球経験のない私が、ある方から教えていただいた3つの指導法で、
    小学生時代まったく打てなかったわが子を、
    甲子園常連校の、レギュラー選手にまで育てたいきさつを、
    お話いたします。

 ■ 忘れもしません、6年前・・・
    野球に夢中になりはじめた息子が、
とある少年野球チームに入部しました。
    息子、小学5年生の春のことでした。

 ■ まわりの子どもは早い子で、小学1年生から野球をやっていました。
    息子の入部はかなり遅いほうで、親の目からみても年下の子どもの
    ほうが、うまいくらいでした。

 ■ 5年生のほとんどの子どもは、6年生といっしょに1軍チームでがんば
    っていましたが、息子は4年生以下の2軍チームでの練習でした。
    
    野球が好きで、一生けんめい練習する息子を見ていると、親ばかとは
    思いつつ、一日も早く1軍チームに入って、レギュラー選手になれれば・・・
    と、願っていました。

 ■ しかし、息子の実力はとても1軍に入れるものではなく、守備はなんとか
    こなしていましたが、とにかく打てなかった、まったく打てなかった・・・
    バッティング練習を見ていると、ほとんどが空ぶり・・・
    
    たまにあたっても、ボテボテの内野ゴロか、小フライ・・・
    ヒット性のあたりなど、まぐれでもありませんでした。

 ■ 試合のたびに応援に行くお父さん、お母さん、わが子がバッターボックス
    に入るときのあのドキドキの気持ち、私にもよ~くわかります。
    まして、チャンスの場面では・・・
   
    息子も2軍の試合には出させてもらっていましたので、
よく女房と応援に行きました。

 ■ 3回くらいは、息子にも打順が回ってきます。
    しかし、大抵は願いもむなしく空振り三振・・・
    たまに当たっても、ボテボテの内野ゴロ・・・

    最初こそ、ほかの親同様、苦笑いしていましたが、まいどまいどでは・・・
    あの虚脱感は、味わった親にしかわかりませんね(笑)
 
 ■ 打率1割にも届かなかった、つまり、10回に1回もヒットが出なかった、
    そんな息子が、翌年の1軍チームの4番に座ろうとは・・・
    そのときには夢にも思いませんでした。

 ■ 練習が終われば、息子にせがまれてよくバッティングセンターにも
    行きました。
    わが家の小さな庭にネットを張って、トスバッティングの練習もしました。
   
    私はキャッチボールすら満足にできないので、やったことのない、そんな
    練習を、わが子のためにと悪戦苦闘しながら続けたのですが・・・
   
 ■ それでも、息子のバッティングはうまくなりませんでした。
    「○○クンは守備力はともかく、バッティングが悪いからなぁ」
    
    当時のコーチや、ほかの親によく言われたものです。
    私も女房も、歯がゆくなる思いで息子を見守っていたものです。

 ■ そんな矢先、となり町の中学生硬式野球クラブで監督をされている、
    Fさんと知り合うチャンスに恵まれました。
    まさに運命の出会いでした・・・

         ※F監督は、現在某中学硬式野球連盟に所属する現役監督のため、
      大変申し訳ないのですが、実名を出すことをご容赦ください。
    

      

 ■ F監督ひきいる中学生硬式野球クラブチームは、県内でも強豪で
    知られ、特にチーム打率が常に4割を超え、
    “猛打、ミサイル打線の○○○クラブ”として、
関係者のあいだでは有名でした。

 ■ 「西森さんの息子さんのバッテイング、拝見してみましょうか?」
   この時のF監督の言葉は、まさに天の声にも思えました。
    
    私は、ふたつ返事で了解すると、さっそく息子を
F監督のもとへ連れて行ったのです。

 ■ わずか30分・・・
    F監督は息子のバッティングを見て、打てない理由を見抜いたようです。
    そして、こう言ったのです。
    
    「これから毎週日曜の夕方、息子さんをグラウンドに寄こしてください。
    僕が、息子さんに3つのバッティング動作をコーチしますから」

 ■ 翌週から私は、息子をF監督のもとへ通わせました。
    息子は、中学野球のグラウンドに行くのが楽しいらしく、
毎週喜んで通うようになったのです。

 ■ もちろん、親ばかの私はいっしょについて行ったのですが、じっさいの
    バッティング指導の様子は、遠くから見守るだけでしたが・・・
    
    F監督の「3つのバッティング動作」の指導の正体は、
その時はわからずじまいでした。


     

        

 ■ 「3つのバッティング動作」の正体は、
やがてF監督の口から明かされました。
   「えっ?たったそれだけのことですか?」
    正直、私はそう思ったものです。
    
    しかし、自宅でもできる・・・
野球シロウトの私でもコーチできるその
    毎日15分から30分程度の「3つのバッティング動作」
の練習は、たしかに効果がありました。

 ■ およそ一ヵ月後、息子の所属するチーム内のレギュラー組を決める
    紅白戦でのできごとは、今でもハッキリ思い出すことができます。
    
    2軍チームの5番サードで先発した息子は、
5打数5安打3ホームラン6打点の大活躍。
    その時のコーチたちや、父母そしてチームメイトの驚きの顔、顔、顔・・・

 ■ 翌年、6年生になった息子は、春の公式戦から4番の座にすわり、
    チームの大躍進の原動力になったのです。
    
    半年前までの、打てない姿はどこへやら・・・
    一年間とおして、打率5割3分の信じられない成績で卒業したのです。

 ■ すべてはF監督にコーチしていただいた、
    「3つのバッティング動作」のおかげ・・・
    
    私は、F監督に感謝しても、感謝しきれませんでした。
    息子も同じ思いで、卒業後はF監督のもとへ親子でお礼に
うかがいました。

    
         

 ■ そして、中学生になると、F監督の硬式野球チームにスカウト入部。
    ここでの3年間も、「3つのバッティング動作」に、いっそうみがきをかけ、
    さらに、ハイレベルな指導も受け、2度の全国大会出場も果たしました。
    中学での通算打率4割8分の好成績で、卒業・・・
    
 ■ その後息子は、甲子園出場常連校で、
県下でも名高い野球強豪校に、F監督の推薦をいただき進学・・・
    
 ■ 1年のときから、バッティングはグンをぬき、監督の目にとまって、現在は
    2年生ながらレギュラー選手として、甲子園めざしてがんばっています。

 ■ 以上、わたしの体験を話してきましたが、これは実話です。
    ウソでも、誇張しているわけでもありません。
    チーム名や高校名を出したいところですが、そうも行きませんので・・・
   
 ■ 今、もしわが子や野球少年が、バッティングが伸び悩んでいるのでしたら
    ぜひ、この先も読み続けていただけたら、と思います。


         



         


 ■ 私は高校球児の一介の親であり、野球を心から愛してはいますが、
    その技術となると、まったくのシロウトでした。
   
 ■ 昔からスポーツは苦手で、つきあいでシブシブはじめたゴルフだって、
    いまだに100どころか120も切れない、運動オンチです。
   
 ■ そんな私が、子どもたちに野球を教えることなど、
できるはずもありません。

    その私ですら、F監督の「3つのバッティング動作」を、
息子に教えることができたのです。
   
 ■ 息子はお世辞にも、センスのある野球少年ではありませんでした。
    どちらかといえば、私に似て、
運動オンチに入るタイプだったかも知れません。

 ■ そんな息子が、私が言うのもなんですが、
今ではかなりレベルの高い野球強豪高校の球児です。
   
    しかも、80数名いる選手の中で、レギュラーまで勝ち取っています。
    すべては“○○高のイチロー”とまで言われるほどの、
高打率バッティングのおかげです。


    

         

 ■ 息子を育てていただいたご恩返しに・・・全国の野球少年のためにと考え、
    私は今回F監督 に強くお願いし「3つのバッティング動作」の、
マニュアル作りを依頼しました。

 ■ さらに2年前、私はF監督のチームでコーチとして参加し、
    「3つのバッティング動作」の指導法を、徹底的におぼえ込んだのです。
    そして今、私はそのすべての内容を理解し、
野球少年のために役立てようと決意しました。

 ■ 全国にいる野球少年の夢はやはり、チャンスで打てるバッターになる
    ことではないでしょうか?
    そう強く思ったからに、ほかなりません。

 ■ 今回ようやく、F監督と私の手によって、マニュアルは完成したのです。
    今それを野球少年をもつ親と、指導される方がたにお届けしたいと、
    心から願っています。
   
 ■ ぜひともあなたの手で、子どもに「3つのバッティング動作」を
教えてあげてください。
    私とF監督で全力でサポートさせていただきますので、
    野球少年たちの夢をかなえさせてあげてください。

 ■ なお、私的事情ではありますが、この「キッズベースボールドリームナビ」
    の売上金の一部は、某少年野球団体の育成基金として、
活用させていただく予定です。


    









◆ ボールをとらえる●●●●●を教える


◆ バット●●●●の正しい●●を教える


◆ 何よりだいじな●●●●して●●を教える





伏せ字ですみません。
ここが一番重要な部分ですので・・・
しかし、この正体を知ればあなたにもコーチできます。
野球シロウトの私にでもできたのですから・・・

基本中の基本でありながら・・・
バッテイングには絶対必要なモーションでありながら・・・
なぜか正しい指導法が存在しなかった・・・






   

 ■ 息子が野球をはじめた頃、私は地域で開催される元プロ野球
    選手の
「野球教室」というものに、多大な期待をしました。

    しかし、残念ながら彼らの教えることは通り一辺倒・・・
    そして「がんばれば、必ずうまくなる!」といった精神論?ばかり・・・

 
 限られた時間で、しかもわずか2、3人で100名以上の子どもを
    相手にするのですからムリもありません。
    期待した私がバカでした(笑)
      
 ■ 元プロ野球選手の指導は、それはそれですばらしいものがありますが、
    それはどちらかというと、
「指導」よりも憧れの元「プロ野球選手」
    と
「ご対面」といった、ふれあいの場にしかすぎません。

 
 それでは、と私はインターネットを通じて「元プロ野球選手」のビデオ
    ノウハウものを購入して勉強してみました。
   
    ところが、これが
大変ムズかしい・・・
    当時、野球シロウトだった私では手におえないので、
野球経験者に観ていただいたら、
   
「これは、たぶんすばらしいノウハウなんでしょうが、ちょっとレベルが高い
    ですねぇ、ちょっと小学生あたりにはムリでしょう」


 
 つまり、“ヒジの入れ方とか腕のたたみ方”“体の開きをおさえた
    打ち方”
あるいは“壁をつくる”など、高校球児くらいには何とか理解できるけど、
小中学生や、野球シロウトの私には到底吸収できない内容でした。


    

 ■ 同じ野球とはいえ、プロの世界とは異なる、少年野球の実戦現場で
    のF監督の16年のキャリアは、子どもにしか教えられない指導方法を、
    生み出したのです。

 
 学生野球12年、社会人野球11年、そして少年野球監督として16年・・・
    アマチュア野球を知り尽くしたF監督だからこそ、この指導法があみ
    出されたのです。

 
 それは、長い間子どものバッティングを観察しつづけ、そして子どもの
    「3大悪癖」を見抜いたときに、その指導法が誕生しました。

    











★通算チーム打率3割6分  


★最高チーム打率4割2分


★個人最高打率6割6分 




年間試合数50試合前後の少年野球とはいえ・・・
関係者ならご理解いただける、驚きの数字です!






決してプロのような、専門的な
指導マニュアルではありません。
熟読いただければ、どなたでも
子どもにコーチできます。
その方法はわずか3つ・・・

こんな野球少年に、絶対おすすめです!



  当たってもポップフライばかり・・・           


  ボテボテの内野ゴロが多い・・・         


  めったにヒットなんか打てない・・・        


  当たってもファールになってしまう・・・   


   バッティングに自信がない・・・         


    とにかく、空振りが多い・・・          








ある父親の声




  (一部省略)

   はじめまして、  
   
   マニュアル購入させていただいた、 ××チーム の山元です。
   とにかく驚きました。
   あんなに打てなかった5年生のうちの子が、3つの練習で
   ここまで打撃上達するとは、ユメにも思いませんでした。
   確かにこれは基本ですが、ここまで徹底したマニュアルは、
   あまり聞いたことがありません。
   特に3番目の指導法は、野球をよく知らないとはいえ
   本当に感心しました。
   平日は家内が30分くらい、休みの日には僕が2時間くらい
   練習に付き合いました。  
   おかげで息子も、試合が今まで以上に楽しみになり、応援
   する僕らも応援のしがいがあります。
   息子はこの春から、レギュラーチームの3番です。
   マニュアルに感謝します。

               S市  山元さんのメールより





ある母親の声






 (一部省略)

   野球は見るだけの母親でしたが、指導マニュアルをなんども
   繰り返し読み、指導の要点はよくわかりました。
    でも私にはコーチなどできませんので、 中学軟式野球クラブ
   に所属する子供に読ませたところ、 大変興奮し、自分から
   すすんで3点の基本動作の練習を はじめたのには、驚きました。
    いつもは野球の本はバカにして、チラっとしか見ないのに
   ですよ(笑)  
   1ヶ月たったあたりから、フリーバッティングで快音がではじめ、
    チームメイトから驚かれているようです。  
   3つのうちの3番目の練習方法は、聞いたことはあったみたい
    ですが、やり方はよくわかっていなかったみたいです。
   チームメイトにもそのやり方を教えているようで、みんなが
   バッティングがよくなったら、困るなぁとボヤいていました(笑)

                K市  永瀬さんのメールより




ある少年野球のコーチ







   マニュアルありがとうございます。
   少年野球のコーチをはじめて、4年目の者です。
   貴団主催の大会ではお世話になりました。
   あまり期待しないでマニュアル拝見しましたが (すみません)
   目からうろこでしたよ。
   確かに、わかっている基本動作もありましたが、こんなに
    しっかりと説明されて、新しい練習法を教えられると、今まで
   子供たちに教えていたことが、だいぶいい加減だったことが
   反省させられますね。
   私の担当は4~5年生ですが、二か月間みっちりこの3つの
   バッティング指導に取り組んだら、
   5年生の数人は、6年生より打てるようになって大喜びです。
   今度6年生コーチにマニュアルを渡し、6年生たちが練習開始する
   予定です。

                  G町  関 さんのメールより





小学4年生の声







   ぼくは野球が好きで、2年生の時に友だちと○○に入団しました。
   今はAチームの補欠ですが、お父さんに教わった3つの打撃コーチで、
   ホームランが出るようになりました。
   すごくふしぎでしたが、○○を○○するといつも打てます。
   ときどき外野フライでアウトになりますが、コーチたちは「いいあたりだった、
   惜しい惜しい」といってくれます。
   お父さんもすごいといってほめてくれました。
   ぼくはすごくうれしかったです。
   これからもバッターボックスで、教わったことを忘れずちゃんとやれば
   ホームランが出ると思います。
   将来の夢は、ヤクルトの青木選手が目標です。

             K市  Sくんのアンケート回答より





中学2年生の声






   ぼくは○○中学でセカンド8番を打っています。
   打率が2割5分くらいで、いつもシングルヒットでした。
   この間○○部長先生から、野球部全員3つの動作をコーチして
   もらいました。
   そしたら、野球部員28名中23名が打てるようになりました。
   打率は3割をこえていると思います。
   みんなもびっくりしています。
   ぼくは右中間への長打が多くなり、足はあまり速くはないですが
   3累打も6本打っています。
   ○○がまだまだできない時もあるので、これからもっと練習して
   大きい当たりを増やして行きます。
   将来は甲子園に出られる選手になりたいです。

            K町  Yくんのアンケート回答より










                          


 ◆ Q、「本当に子どもにカンタンに教えられ内容ですか?」
    A、「マニュアルをしっかり読めば、野球未経験者でも教えられます。
      多少でも野球経験があれば、なおベストですけどね」

 ◆ Q、「3つの動作って特別な方法なんですか?」
    A、「いいえ、これまで間違って教えていたことを指摘し、正しい打ち方
      をマニュアルにしたことと、アマチュア野球ではなかなか理解されな
      かったある動作を、わかりやすく教えているんですよ」

 ◆ Q、「小学生でもカンタンに覚えられますか?」
    A、「3つの動作は大人にはすぐ理解できますので、それをしっかり子ども
      に伝えてください。
      正直申しあげて、会得までの時間は個人差があり、また覚えても
      忘れる子もいます。
      でも、効果は出て、今までよりバッティングがよくなると思います」

 ◆ Q、「マニュアルを読んでわからなければ、サポートしてくれるの?」
    A、「はい、売りっぱなしにはしません。意味がわからないところは何度でも
      メールで、問い合わせてください。
      ただ、マニュアルを熟読せず、「まず、何をしたらいいのですか?」
      という方がまれにおりますので、マニュアルに解説してある内容や、
      あるいは抽象的なお問い合わせには、「マニュアルを熟読してください」
      と回答する場合もあります。
      基本的には、マニュアルを熟読しある程度理解したうえで、実践され
      わからない、困難になった点など、サポート依頼していただければと
      思います。
      その点をご理解の上であれば、理解力、実行力には個人差があると
      思いますので、どのような質問、サポート依頼にも応じます
      F監督と私が必ず、ご返信いたします」
               
 ◆ Q、「返金保証はついているんですか?」
    A、「残念ながら、返金保証はできませんが、ご納得が行くまで何度でも
      メールサポートさせていただきます。
      また、今回ご購入いただく方は、予定価格よりも安い限定価格で
      ご提供いたします」




    


          
     
     
     
★特典・・・
マニュアル購入後、不明点などありましたら・・・

  
      Keyring PDFファイル 本編107ページ+特典1ページ 計108ページ 図解・写真入り
(上写真はイメージ図です)    

   
        

    
                    
   
          
            
                                    
   



 ★特典・・・
マニュアル購入後、不明点などありましたら・・・

     







    

     

  ■  長々とおつきあいいただき、ありがとうございました。

     野球は本当に楽しいスポーツです。
     反面、これほど奥深く、ハイレベルなテクニックが
要求されるスポーツはないと、私は思っています。

  ■ 子どもたちには、今はその野球を心から楽しむ
気持ちをもってもらいたいものです。

     しかし、そうはいっても勝負の世界であることはまちがいありません。
     いいかげんなテクニックでは、この世界で勝ち残れるわけがなく、
     楽しい野球も、いつかはつまらなくなってしまします。

  ■  このサイトに訪れた少年野球にかかわるお父さん、お母さん、
     そして、子どもたちを指導されるみなさん、
     どうか、このマニュアルを手にされ、
子どもたちに正しいバッテイングを教えてあげてください。

  ■  わが子を、みごとな?野球小僧に育てあげた私が
絶対の自信をもって、推薦いたします。




    
             



          




 特定商取引法の表記














詳細を見る


トラックバック
トラックバック URL
http://fgrqozpl.blog83.fc2.com/tb.php/3840-ed42a7ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。